カフェの美味しさが家庭用で楽しめるSaecoのエスプレッソマシン

皆さんはコーヒーと聞いてどんなコーヒーを思い浮かべますか?豆の品種・産地・淹れ方が様々にあるコーヒーは、淹れ方については日本ではペーパードリップ式が最もポピュラーと言われていて、コーヒーメーカーでも多くの機種で取り入れられている方法です。

これに対してイタリアやフランスでは濃厚な風味のエスプレッソコーヒーが主流で、イタリアでカフェ(Caffè)と言うと普通エスプレッソを指して言います。
エスプレッソは沸騰水を加圧して抽出するため、抽出時間や圧力を調整して好みの味を引き出せるものもありますが、簡便に楽しめるカートリッジタイプのエスプレッソマシンもあります。

Saecoはこのタイプのエスプレッソマシンを専門に手がけるメーカーです。エスプレッソマシンのカートリッジは日本では主にネスレ社独自のネスプレッソが主流ですが、欧州では複数の規格があり、Saecoはデロンギと同じE.S.E.と言う規格を採用しています。

1981年に設立、家庭用エスプレッソマシンを開発したSaecoは、85年に初の全自動マシンを発売。以来Saecoは改良を重ねて好みの味を生み出す様々な機能を搭載しながらヨーロッパのエスプレッソマシンNo.1企業のとして美味しいエスプレッソを作る機械を世に送り出しています。

コメントは受け付けていません。