パナソニック 照明器具を選ぶポイントは明るさだけじゃない

かつて用途が限られていたLEDは、ここ数年で大きく変化して天井照明の主役に躍り出ました。従来は部屋の大きさに適した照明を蛍光灯の消費電力で判断するのが主流でしたが、省エネ化の進んでいるLEDが中心になってからはパナソニック 照明器具では光の量(ルーメン)で判断するようになっています。

日本工業会では14畳までの場合で適した光量の基準がありますが、より大きな部屋も一つの照明で対応できるよう、パナソニック 照明器具には18畳までに対応する7900ルーメンという大光量の器具が用意されています。

しかし一つの部屋を多目的に使用する部屋では単純な照明だけでなく、様々な種類のパナソニック 照明器具を組み合わせて雰囲気を変えるのがオススメです。必要な器具だけ使用することは省エネにも繋がります。そしてパナソニック 照明器具なら食事・団らん・シアター等シーンに合わせた照明の組み合わせを一つのコントローラーで制御できます。

照明はLEDが光源になったことで、明るさだけでなく光の色も変えられるパナソニック 照明器具も登場しました。爽やかな昼白色から温かみのある電球色まで、一つの器具で対応します。ただし照明は器具によっては工事が必要で、買っても希望の場所に取り付けできない可能性もあります。購入の前に慎重に検討しましょう。

コメントは受け付けていません。