ホットカーペットは生みの親?

電気カーペット、いわゆるホットカーペットっていつくらいから売られ始めたんでしょう。
いろいろ調べてみると、松下電器(現パナソニック)がどうやら日本国内では
最初に販売を開始したそうですが、いまはさまざまなメーカー、製造元が販売しています。

私自身あまり気にしたこともなかったのですが、ホットカーペットを購入しようとする方の中に
電磁波を気にされる方が意外といらっしゃるということには少なからず驚きました。
電磁波は一般的には人体に有害であるらしく、小児白血病やがんの発生率の増加につながるということらしいです。

ホットカーペットの電磁は発生量は、電子レンジに比べおよそ7分の1程度らしいのですが
長時間の使用で電磁波を浴び続けるということが人体にとって悪影響となるようです。

最近では電磁波カットと記載された多くのホットカーペットが販売されていますが、
機能プラスアルファの安心感が商品の付加価値となるのでしょうか。

よくわからない話の流れになってしまいましたが、電気毛布やひざ掛けなどは
ホットカーペットがなければ生まれていなかったかも?ですよね。

コメントは受け付けていません。