ワンサイズ上のエアコン

エアコンの購入にあたり、基準となるのはどんな点でしょうか。 価格はもちろんのこと、性能や設置するお部屋の広さなどがあるかと思いますが、 単純に畳数だけでの判断ではなく天井の高さや窓の大きさ、扉の開閉の頻度なども ひとつの判断材料にしたほうがいいかと思われます。

今の日本の家屋はそれほどでもないかと思いますが、西洋に比べ機密性のない家屋では 例えば冬場はオイルヒーターなどを使用してもなかなか暖まらない、なんてこともあります。 エアコンにおきましても、お部屋の広さはひとつの判断目安になりますが、例えば6畳間でも 上記のように天井までが高かったり、窓が大きい、扉の開閉が頻繁などの理由でなかなか部屋が冷えない、 暖まらない、なんて場合はワンサイズ上のS28RTESの購入も検討されてはいかがでしょう。

例えば、S22RTESとS28RTESで比べてみますと、暖房機能に限って言えば S22RTESが(140~1,150)、S28RTESが(125~1,390)となっており 設定温度まで達してしまえば、S28RTESのほうが消費電力が少なくなることになります。

実験してないので、確かとはいえませんが容量に余裕のある場合、設定温度までの到達が早い、 設定温度に達した後は少ない電力消費で運転できる、結果ランニングコストも下がる、 のではないかなぁ?と思っています。 6畳間でも余裕を持ってS28RTESを設置してみてはいかがでしょう。

コメントは受け付けていません。