一人暮らしはお風呂が恋しい?

一人暮らしが長く続きますと、自然お風呂に入る、いわゆる入浴する機会がめっきりと減り、
普段はシャワーで済ましてしまっていることもあり、湯船につかるという感覚が
非常に稀有になってきたこのごろです。
一人暮らしで入浴しないことには複数の要因があるのですが、ひとつは追い炊き機能がないこと、
残り湯を洗濯に使おうにも洗濯自体3日に1回程度で済んでしまうため、残り湯をそのままにしておくのも
浴室内が乾燥せず、次の入浴の際になんだかいやな気分になる、などなどが挙げられます。

最近では追い炊き機能がないお風呂用に追い炊き機みたいなものが販売されていたり、
24時間風呂なるものでいつでも温かいお湯に浸かれる、なんて優れものもあるようです。
冬場など、空っ風の吹く季節などは家に帰り着いたら温かいお風呂のゆっくり浸かって
1日の疲れを癒したい、なんて思うこともしばしば。
24時間風呂があれば、のお湯を常に循環・浄化・保温してくれるので、水の入れ替えや
浴槽の掃除の手間もずいぶんと省けるし、きっといいだろうなぁ~、なんて思いはするものの。

ただ、24時間風呂も基本は保温目的のようで、やっぱり最初はお風呂を沸かす必要があるようで。
24時間風呂はお風呂好きな方にはとても便利な代物ではあるようですが、商品自体高価なものですので
購入前にしっかりメリット、デメリットは調べておくことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。