素材?ブランド?スマホケースは何で選ぶ?

日本独特の機能満載の所謂「ガラケー」がスマホに取って代わるのにさほど時間は掛かりませんでしたが、それで世界標準に近づいたかというとそうでもなくて、OS別のシェアが欧米と違ってiPhoneが大人気だったり、ケースに入れて使用するのが当たり前になっているとかで、そんな辺りが日本的と思うことがあります。

そのスマホケースを使う理由には、「本体をなるべく傷付けないように」「外見がみんな似るので差別化のため」などが主なようで、素材としては手触りが良く衝撃吸収に優れるシリコンや丈夫で透明感のあるポリカーボネイドが主流ですが、一方アルミのような金属素材もあります。

ポケットに入れられなさそうな様々な飾りのついた個性的なケースもありますが、実用的でも個性的な外観が欲しいという人のスマホケース 革をお勧めします。他の素材と違って使い込む事で風合いが出て来るので、まさに「自分だけ」に出来るのはスマホケース 革ならではの特徴と言えるのではないでしょうか。最近ではフェラーリ、ランボルギーニ、BMW、アストンマーチン、フィアット、アルファロメオやミニ、と言った人気のカーブランドのロゴマークを冠したスマホケース 革も登場しているので、選択のセンスの見せ所になるでしょう。

コメントは受け付けていません。